エピレ TBC 違い

MENU

エピレとTBCの違い

エピレとTBCの違いですが、まず、TBCは、「脱毛エステ」と「フェイシャルエステ」と「痩身エステ」の3つを柱とした「総合」エステという位置づけになり、エステ業界の大物というか、超老舗(しにせ)という企業になります。なんせ、電車の中などで、ローラをイメージキャラクターにした広告をよく目にします。

 

ローラ

▼エピレの格安脱毛の詳細はコチラ▼

 

一方のエピレは、脱毛「専門」エステであり、フェイシャルと痩身はありませんが、まだ歴史の浅い新しい脱毛エステであり、TBCがプロデュースしていて、結局のところTBCとエピレはユーザー的な観点から見ると、経営は違うけど、仲良し店舗という距離感になります。だから、エピレの広告もローラを採用しています。

 

TBCは、総合エステという風に前述しましたが、やはり人気のあるのは脱毛エステの分野になります。しかも、最近では、エピレの光脱毛をエピレと同じような料金体系で受けられるということで、再び人気に火がついています。

 

つまり、TBCでは、従来の電気脱毛と新しく光脱毛が共存している状態になります。これは、2013年の12月頃からの話です。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、TBCの電気脱毛(スーパー脱毛)は、効果は確かで「永久脱毛」というメリットがありますが、痛みを伴い、高額であることがデメリットとしてあげられます。光脱毛は、効果は回数を通う必要がありますが、痛みがほとんどなく、超低価格であるのがメリットです。

 

TBCで脱毛を受けてみようと思う方は、まずは、無料カウンセリングを受けることがスタートとなります。TBCの脱毛なので、光脱毛と電気脱毛の両方のことを詳しく聞けるので、納得して施術することが可能です。まずは、1000円の体験プランを予約してみることをオススメします。

 

エピレ31店舗に対して、TBCが146店舗以上。光脱毛(ライト脱毛)なら、全国190店舗以上でお手入れ可能!TBC店舗間・エピレ店舗間では自由にサロン移動もできます。
※TBCとエピレの間でのサロン移動は不可です。

 

ワキ

 

気軽に光脱毛を受けたい方でエピレが近所にある方はエピレでも全然オッケーです。とにもかくにも、脱毛といえば、ミュゼプラチナムが知名度もありますから、思い浮かびますが、なにせ予約が取りにくいデメリットが強いですよね。

 

ミュゼで思ったように予約が取れない人やミュゼの経営を不安視する方も、エピレやTBCををオススメします。同じ知名度の高い脱毛エステですから、効果が著しく変わるようなことはありません。

 

ぜひ、予約のとりやすいエピレ・TBCで楽々、脱毛はじめてみませんか?

 

エピレ申込 tbc申込

エピレとTBCのプランの違いを比較した一覧

●人気部位「両ワキ脱毛」をエピレとTBCで比較

 

 

エピレTBC

 

エピレでは、6回で500円と光脱毛を使った業界最安値となっています。そしてTBCは、まずは1000円で体験というプランになっています。エピレはカジュアルに通うことを目的としたコースとなっており、TBCは効果重視のプランとなっています。格安で選ぶならエピレです。

 

エピレ申込 tbc申込 

 

●全身の部位を選んでお試しする脱毛をエピレとTBCで比較

 

 

エピレTBC

 

エピレでは、19部位から2箇所選べて980円(今なら500円!)と激安価格でお試しできます。TBCでは、「Lパーツを1箇所orSパーツを2箇所」か選んで1000円で体験できるプランが用意されています。

 

エピレ申込tbc申込

 

●「VIO・5脱毛 2回プラン」はエピレとTBCどちらもあります

 

 

VIO

 

「Vライン【上】+VラインS【両サイド】+トライアングル+Iライン+Oライン」の5部位セットが2回のお得なプランとなっております。デリケートゾーンのお手入れをお考えの方にピッタリです!

 

エピレ申込tbc申込

 

●6000円の「フェイス・5 脱毛2回プラン」はエピレとTBCどちらもあります

 

 

顔

 

「鼻下+アゴ+額+ほほ+フェイスライン」の5部位セットが2回とお得なプランとなっております。顔周りのムダ毛・産毛などを気にされている方にうってつけのプランです。エピレ今なら5000円!

 

エピレ申込tbc申込

 

★エピレのみ!700円の「両ワキ+Vライン脱毛6回ファーストプラン」

 

 

両ワキ+V

 

「両ワキ+Vラインのセットで本当にお得なプランとなっております。こちらは、エピレのみのキャンペーンプランとなっており、TBCにはこのキャンペーンは存在しません。

 

エピレ申込

キッズ脱毛〜コラム〜

エピレ

最近、少子化の影響からか子どもに多額のお金を使う人が増えてきています。一昔前は、子どもにお金をかけるといえば教育費が中心でした。学習塾やさまざまな習いごとを通わせるというのが一般的でした。しかし、最近はファッション、美容の分野にも広がりを見せています。子どもでもかなりいい服を着ていたり、バックや靴などもいい物を持っていたりします。

 

その最たる例が、キッズ脱毛です。脱毛といえば、若い女性のものと思いきや、最近では子どもにまで広がっているのです。ではキッズ脱毛は望ましいことでしょうか。検証していきます。確かに、子どもの美容にそこまでお金をかける必要はないという意見もあります。見た目に気を使うよりも、しっかりと教育を受けさせて、健全な心と体を育てることを重視するほうが大事とも言えます。しかし、キッズ脱毛には意義があります。子どもでもかなり毛の量が多いということはあります。特に、子どもというのは、このような体の特徴をからかったりすることがあります。している方はそこまで深い意図がなくても、言われた方は傷ついて不登校になってしまうこともあります。

 

そんな時に、キッズ脱毛があれば心配ありません。上記の通り、キッズ脱毛などの美容分野にも必要に応じて利用することも大事でしょう。

自宅での脱毛方法の種類とそのメリット

エステやクリニックに行かなくても脱毛はできる

脱毛には自宅で自分の手で行えるものもあれば、エステサロンやクリニックで専門家の施術を受けて行うものもあります。ここでは、自宅で自分で行える脱毛法の種類とともに、それぞれの方法のメリットも合わせて紹介します。

カミソリを使った脱毛

自宅で最も手軽にできるのがカミソリを使った方法です。この方法のメリットとしては、費用が非常に安いということ、そして、一度に処理することのできるムダ毛の量が多いということです。カミソリを使うと肌に負担が大きいのではないかと思っている人も多いですが、シェービングクリームを使って摩擦を抑え、毛の流れに沿ってカミソリを動かすことで肌への負担はかなり抑えることができます。ただし、見えにくい部分の処理で肌を傷つけてしまったり、何度も肌に刃を当てることで色素沈着が起こってしまうことがありますので注意も必要です。なお、カミソリを使ってムダ毛を処理すると毛が太く濃くなってしまうと言われることがありますが、これは全く根拠の無いことです。

ワックスで毛を抜く方法

費用と効果のバランスの取れたワックス脱毛も人気です。これはブラジリアンワックスを使った方法で、主にビキニラインの処理に使われる方法です。温めたワックスを処理したい部分に塗って薄く伸ばし、その後冷えて固まったワックスを剥がすことで毛を抜きます。ビキニラインは自分の目から見えない部分も多いのでカミソリなどで脱毛するとどうしてもムダ毛が残ってしまうことがありますが、ワックスならば広い範囲のムダ毛を一気に処理することが可能です。また、皮膚への影響も最小限に抑えることができます。

家庭用脱毛器を使う方法

最近、自宅でのムダ毛処理によく使われるようになっているのが家庭用の光脱毛器です。価格的には10万円から20万円近くするので決して安い商品ではありませんが、それでもエステに行くよりは安上がりですし、自宅で自分の空いた時間を利用してムダ毛処理ができるというメリットがあります。刃を直接肌に当てることがないので安全性も高いですし、広い範囲を短時間で除毛できるのも大きなメリットです。